ウォーターサーバー 比較

・「健康に良いと言われるお水が飲みたい」

・「とにかく美味しく飲めるお水が飲みたい」
・「小さなお子さんや赤ちゃんなどにも安心して飲ませられるお水が欲しい」


ウォーターサーバー導入を検討されている方の、その目的は様々でしょう。

 

現在、ウォーターサーバーを提供してくれる業者の数は非常に豊富です。豊富な中から選択出来ると言うことは消費者にとって大変なメリットなのでしょうが、一方でどれを選べば良いのかがわかりづらいという声もよく耳にします。

 

当サイトではウォーターサーバーの種類や維持コストなど、ウォーターサーバー選びにお悩みの方が知りたい情報をわかりやすく比較して紹介しています。

 

ウォーターサーバーで美味しいお水が毎日飲める!

オフィスや公共の場所などでは昔から見られてきたウォーターサーバーですが、最近ではご家庭などでも気軽に、しかも以前と比べて低コストで利用することが可能になってきています。

 

>>一ヶ月あたりのお値段で比較する

ウォーターサーバー総合ランキング

ウォーターサーバー

選べるオシャレなサーバーと安心・美味しいが嬉しい天然水が決め手!お一人様からご家族のご使用まで幅広く対応した、ちょっと楽しいお水の宅配屋さんです。お子様も喜ぶ『ワンピース』デザインもご用意。

比べて見て下さい!富士山麓の地下約200メートルからくみ上げた非加熱ナチュラルミネラルウォーターを低料金でお届け!確かな安全性で赤ちゃんのミルクにもおすすめです!

アクアクララ

テレビCMも放送中!家庭用からオフィス用まで多彩なウォーターサーバーを提供しています。独自製法のROろ過水でミネラルもバランスよく配合された宅配水シェアナンバーワンのアクアクララ!

宅配水のシェアでナンバー1!テレビのCMでもお馴染みのウォーターサーバーです。選べる4種類の天然水とお水の交換が簡単な『楽々サーバー』が人気!日本全国へお届けします!

うるのん

うるのん

「バナジウム」をはじめとした天然のミネラルが詰まった富士山ふもとの天然水と赤ちゃん・子供にもおすすめな『やわらか水』が選べます。ドラえもんのマークが目印のウォーターサーバー。

「クリクラ」

レンタル料無料!入会金も解約金も必要なし!安心・安全なお水を便利にお届け!いつでも使える温水と冷水で赤ちゃんをお育て中の方にもおすすめです。まろやかな軟水はお料理も最適!

ウォーターサーバーならアルピナ

お子様にも安心!バナジウムの詰まった天然水なのにお値段ぐっと抑えめだからお料理などにも気軽に使える!『安さ・美味しさ・安心』三拍子揃った魅力で人気上昇中のお水宅配業者です。

とにかくお水の品質にこだわりたい方におすすめなのがアクアセレクトの天然水。水質日本一に輝いた宮川最上流部の湧水をお届け!某比較サイトで天然水部門第一位に輝いたお水です。

ハワイアンウォーターなら

天然水が美味しいことで有名なハワイのお水をお届けします!純度99.9%以上の純水なので、赤ちゃんのミルクにもピッタリのお水です。意外とコストも安いのが嬉しい!

サーバーのレンタル代や配送料は無料!4つの天然水から選ぶことが出来る極上まろやかシリーズも好評のウォーターサーバーです。お得な初回キャンペーンも実施中でおすすめ!

ペットボトルとウォーターサーバーどっちが得?

ウォーターサーバーの導入を検討するにあたって、ペットボトルでミネラルウォーターを購入するのとどっちが経済的にオトクなのでしょう?1リットルあたりの料金で比較してみると、一般的なウォーターサーバーの場合、リッターあたり80〜90円程度が相場です。一方ペットボトルの場合、最安値であればリッター60円で購入することができます。

 

このように価格だけを比較してみれば、ペットボトルで購入した方がお得になります。しかしウォーターサーバーは多少お金を出してでも導入するに十分なメリットがあります。

 

まず何といっても購入の手間でしょう。ペットボトルの場合、最寄りのスーパーやドラッグストアに行って購入しないといけません。しかも6本パックのようなある程度のまとめ買いをするとなると、かなりの重労働です。一方ウォーターサーバーの場合、水は業者が自宅に届けてくれるので自分で運ぶ必要がありません。

 

ペットボトルの場合、冷水として飲むのであれば冷蔵庫にしばらく入れておかないといけません。また温水として飲む場合には、やかんなどに入れて沸騰させる必要があります。しかしウォーターサーバーの場合、サーバーのレバーをひねればすぐに冷水でも温水でも出てきます。冷蔵庫や夜間で冷やしたり温めたりする時間を省けるわけです。

 

ペットボトルの場合、いったん開封してしまうとそこから外部の空気が入ってしまってホコリや細菌などを入れてしまう恐れがあります。ウォーターサーバーの場合、サーバーとしっかりと接続されているので、使用しても外部の空気と混ざるリスクが少ないです。赤ちゃんのいる家庭で安全性重視の場合、ウォーターサーバーの方がおすすめです。このように料金を補って余りある魅力が、ウォーターサーバーにはあります。

ウォーターサーバーを導入したい…でも家が狭くて置く場所がないかも?

役所やオフィスなどでウォーターサーバーを見たことのある人の中には、自宅に設置したいけれども置くスペースがないかもしれないと思っている人もいるでしょう。オフィスなどに導入されているウォーターサーバーは、400×400くらいのサイズのものが主流です。しかし最近のサーバーの中には、一回り小さい300×300のサイズのものもあります。

 

縦横30p程度のものを置くスペースであれば、どこか見つかるのではありませんか?もし本当に自宅におけるかどうか不安というのであれば、新聞紙を30p四方にカットしたものを部屋に置いてみることです。より具体的にサーバーを設置した時の自宅の様子がイメージできるはずです。

 

またデザインもだいぶ変わっています。一昔前までであれば、縦長の形状をしていて、かさばるデザインのものが多かったです。しかし最近のサーバーを見てみると、角がなくなって流線型のデザインのものが多いです。丸みを帯びたデザインに代わっただけでも、部屋の印象がかなりすっきりします。

 

一人暮らしでワンルームのような所で暮らしている人は、サーバーは置けないと思っているかもしれません。しかしウォーターサーバーの中には、卓上タイプのサーバーを用意しているメーカーも見られます。
卓上サーバーであれば、テーブルの上に設置でき高さも80p程度しかありません。このようなサイズのサーバーであれば、一般的な床置きタイプのサーバーを自宅で置くスペースのない人でも導入できるはずです。このように自宅の狭い人のためのサーバーもいろいろと出てきているので、まずは各メーカーがどのようなサーバーを出しているか情報収集してください。

緊急時・災害時もウォーターサーバーで安心!

先日東日本大震災が起きたとき、被災地を中心に当初はかなり生活に不便を感じていたはずです。このような大きな災害の発生した時に影響を受けるのが、ライフラインです。東日本大震災でも数多くの地域でライフラインが寸断され、大きな被害が報告されました。

 

ライフラインの中でも特に深刻なのは、水の供給が受けられないという点です。排泄物を流せなくなりますし、お風呂にも入れなくなります。そして何よりも水分補給ができなくなります。私たちの体の2/3は水分で構成されているので、この水が不足すると深刻な事態に発展する恐れも出てきます。

 

水道が断水になってしまった場合、水をどのようにして調達するかが問題です。そこで災害時のような緊急事態に対処できるアイテムとして、ウォーターサーバーが注目を集めています。ウォーターサーバーがあれば、当面断水状態になったとしても生きていくのに必要な水分はとりあえず確保できます。

 

ウォーターサーバーの水ですが、一般的には12リッター前後ボトルに入っています。これはペットボトルで換算すると、24本分の備蓄になるわけです。これだけのミネラルウォーターを常時保存するのはなかなか難しいでしょう。スーパーなどで購入するのも大変です。しかしウォーターサーバーであれば自宅に届くので、比較的簡単に備蓄できます。

 

しかもウォーターサーバーの場合、なくなれば新しいボトルが業者によってもたらされます。つまり比較的新しい水を確保できるわけです。ウォーターサーバーはおいしくて安全な水を提供するということで注目されていますが、一方でこのような緊急時の備えとしても重要な役割を担っているのです。

ウォーターサーバーの放射能問題はクリアされているの?

東日本大震災の中で、福島原発の事故のイメージが強烈に脳裏に焼き付いている人も多いでしょう。そこでウォーターサーバーを導入するにあたって、放射能に汚染されていないか不安に感じている人もいるはずです。結論から言いますと、ウォーターサーバーにおける放射能問題はそこまで深刻に考える必要はありません。

 

現在提供されているウォーターサーバーの水は、天然水とミネラルウォーターの2種類に分類できます。まず天然水ですが、採水点が地表から遠い所にあれば数年前の放射性物質の影響が現れるまでに相当の時間がかかります。一例を紹介すると富士山麓で地下270メートルくらいに放射性物質が仮に入ったとします。その場合に影響の出てくる可能性のあるのは、400年後といわれています。

 

ミネラルウォーターは、水を人工的に製造する方法です。その中で多くの業者は、RO膜というものを使ってろ過しています。RO膜は水以外の物質はほとんどすべて通すことはできません。もちろん放射性物質もその中には含まれます。もしもともと放射性物質を含む水でも、RO膜でろ過すれば安全な水になります。このような理由で、ウォーターサーバーにおける放射能汚染の心配をあまり深刻に考える必要はないわけです。

 

それでも心配というのであれば、各業者の放射能検査の結果を確認してください。福島原発で問題が起きて以降、複数のウォーターサーバー業者で放射線検査を実施しています。現在の所は、放射性物質が検出されたという事例はありません。各メーカーのホームページに情報公開されているので、心配な人はこちらをチェックすることです。

ウォーターサーバー選びの時に各メーカーの注文ノルマをチェックすべし!

これから自宅にウォーターサーバーを導入しようと思っている人で、すでに各業者の比較をしている人もいるでしょう。価格や水質など、いろいろな項目で比較しているでしょうが、一つ忘れてはならないポイントがあります。それは注文ノルマを設定しているかどうかです。

 

注文ノルマには2種類の方式があります。まずは配送するときの注文本数のノルマです。メーカーの中には、1回の注文で2本以上注文しないといけないとか、2本セットで注文するルールになっている所が見られます。1本とか3本で注文したいのに、上のようなノルマがあると注文できなくなります。

 

もう一つは、月間の注文ノルマです。1か月当たり最低これだけの本数を注文しないといけないというノルマ設定している所も中にはあります。もしこのノルマをクリアできないと、別途料金を請求されるケースもあります。家族が少なく大量に水を消費できない、自宅を長期空けることがあるという人はノルマのクリアは難しくなるかもしれません。

 

月間ノルマを見てみると、1ヶ月2本という所が多いようです。もしこのノルマをクリアできない場合には、1000円が別途かかるのが相場です。

 

また期間設定をしている所もあります。2か月連続して注文記録がないと、別途料金がかかるメーカーもいくつかあります。こちらも1000円程度の別途料金が発生すると思ってください。

 

一人暮らしや夫婦2人きりという世帯では、それほど大量に水を消費することもないでしょう。ですからそのような家庭でウォーターサーバーを導入するのなら、ノルマの有無はしっかりと確認することです。注文ノルマを別に設定していないメーカーも多数あります。