ウォーターサーバー 比較

 

ウォーターエナジーで毎日が良水生活

ウォーターエナジーの特徴として、タンクのないオールインワンタイプのサーバーを採用しています。

 

他のウォーターサーバーはサーバー内のタンクにボトルの天然水を入れて貯めておくタイプのものがほとんどです。しかし、この場合だと汚れた空気や細菌が入り込みやすく、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となります。

 

そこで、ウォーターエナジーではタンクそのものをなくし、バックインボックスタイプの天然水にすることで、とりつけるだけのものにしました。バックインボックスとは、蛇口付きのポリエチレン容器を、段ボール箱で包んだ複合容器です。バックの中は空気が入りにくい構造になっています。

 

このため、終始一貫して安全でおいしい水を飲むことができます。また、蛇口もあらかじめバックインボックスに取り付けられているため、水と共に新品に交換されます。そのため、定期的に必要なメンテナンスも不要です。

 

サーバーはレンタル無料!

エナジーウォーターではウォーターサーバーのレンタル料が無料であるため、経済的にもやさしい商品です。ウォーターサーバー「殺菌」「密封」「冷蔵」という食品衛生の3原則を守っています。そのため、採取時の品質を維持しつつ、安心して水を飲むことができます。

 

ウォーターサーバーのもう一つの特徴は、安全性を確保するためにあえて冷水のみを使えます。シンプルな構造であるため、雑菌の繁殖も抑えやすくなっています。

 

プレゼントとして、「ワクワクケトル」という湯沸かしポットがついてくるため、温水を使いたいという人の要望にも応えています。火を使わないため、安心・安全です。電気代も、コーヒー1杯分で約0.6円であり電気ポットよりも安くなっています。

 

こだわりの水品質

天然水については、大分県日田市から採れる「日田天領水」を採用しています。この天然水はミネラル分や、活性水素が天然の状態で含まれています。もちろん味や栄養素も豊富で健康の維持にはうってつけの水と言えます。

 

地下深くからくみ上げられていますが、定期的に検査を行い品質に問題がないか調査しているので安心です。

 

飲み水だけでなく、様々な場面で使えます。お茶用の水、煮物などの料理用の水、赤ちゃんのミルク用の水など、様々な場面で活躍できます。
硬度は約32r/Lで、日本人が飲みやすい軟水になっています。

 

バックインボックスに入っている水の容量は10Lです。一人暮らしの人を主にターゲットにしていると言えます。使い終わった後は段ボールごとコンパクトにたたんでおけるので、家の中でも場所はとりません。