京都の天然水について説明しています

古都の天然水は、京都で評判の天然水です。

 

古都の天然水は福知山市・三岳山麓で採水されています。三岳山麓は花崗岩が地下地盤に被さっていることで有名です。大昔に噴火した際にそうなったと言われています。

 

三岳山は、標高839m、周辺には大自然が広がっています。丹波の雲海と呼ばれる山のうちの1つです。近くに雲原川が流れています。
さらに、日本で初めて国の登録記念物となった雲原砂防もあることで知られています。

 

古都の天然水は、この三岳山の花崗岩を気の遠くなるような時間をかけて浸透した水が使われています。硬度30ですので、日本人の好みに合った天然水と言えるでしょう。飲み口はとてもまろやかで、京都のホテル・旅館でも利用されています。

 

この古都の天然水は、品質管理に細心の注意をはらい、最先端製造設備や徹底した工程管理の採水工場でボトリングされています。
ですので、天然水本来のおいしさやミネラルが損なわれません。

 

ボトリングを採水地で行っていて、さらにその技術が秀逸なのです。天然水を汲みあげた後すぐ製造・充填されるため、水そのものの美味しさが損なわれにくくなっているのです。

 

そして、1リットル当たりカルシウム8.0mg・ナトリウム9.7mg・マグネシウム1.6mg・カリウム0.5mgと、ミネラルバランスも優れています。

 

天然水の中でも、この古都の天然水は美味しさとミネラルバランスが突出して良く、健康の為にこの水を飲用する方も多くいらっしゃるようです。

 

地元では、焼酎の水割りに古都の天然水を利用するそうです。他の水でつくった水割りでは話にならないそうです。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー