南アルプスの天然水について説明しています

南アルプスの天然水は、とても有名ですね。「知らない」という人を見つける方が大変なのではないでしょうか。
飲み口はキレがあり、すっきりと飲む事ができるお水です。

 

南アルプスの天然水は阿蘇・奥大山で採水されています。その水質と安全を守る為、採水地周辺に森を設ける活動がされています。こういった活動が功を奏し、天然水が昔から多くの人に愛されてきたのでしょう。

 

実は、採水地は甲斐駒ヶ岳・阿蘇・奥大山の3つに分かれています。先述の森を設けているためです。3つとも阿蘇地方といえども、その水質は微妙に違っており、同じ南アルプスの天然水でも硬度が変わってくるのです。

 

一般に出回っている南アルプスの天然水は、阿蘇または奥大山で摂られた水です。
硬度が20〜30なので軟らかい飲み口となっており、日本人が飲みやすい天然水と言えるでしょう。ほんの少し、甘さを感じる方もいらっしゃるようですので、そのまま飲むのにとても適しています。

 

もちろん飲むだけでもよいですが、炊飯用の水や料理に利用することもできます。水道水から南アルプスの天然水に替えるだけで、料理が美味しくなると評判になっています。

 

南アルプスの天然水は、PETボトルタイプ・ウォーターサーバータイプの2種類あり、自分が利用しやすいタイプを選択することができます。

 

スーパー・コンビニなど幅広く流通しているので、ご近所でもすぐに手に入れる事ができるでしょう。スーパーやドラッグストア等で特売・安売りされていることも多々あります。お手頃価格で、どなたでも、美味しい水を利用できる点が、南アルプスの天然水が有名になった理由だと言う事ができます。

 

有名なだけでなく、味も商品性も高く、名実ともにある天然水です。利用する際、安心感があるのも良いですね。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー