ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの導入を検討しているときに気になるのが電気代ではないでしょうか。ウォーターサーバーは安全な水を提供してくれますが、電源を使うときにだけ使うときにだけつけるという使い方はできず、常時電源をつけておく必要があります。

 

なぜウォーターサーバーは常に電源をつけておかないといけないのでしょうか? 

 

電気ポットのように熱いお湯や冷たい水を使うときに電源を入れれば利用は可能な気がしますが、そういうわけにはいかないようです。

 

それはウォーターサーバーの役割に関係しています。ウォーターサーバーは飲みたいときに飲みたい温度の供給するだけではなく、タンク内の水の温度を調整することにより菌の増殖を防ぐ役割を持っているからです。

 

しかし、電気をつける理由が分かってもその電気代が負担になってしまっては仕方ありません。今までの電気料金に加えていくらかかるのかということも気になりますね。

 

ウォーターサーバーの電気代は機種によって違いますが、大よそ1000円くらいです。これはわたしたちが家庭で使う身近なものといえば、電気用ポットと同じくらい。

 

電気用ポットと聞いて眉をひそめられた方もいるかと思います。よく電気の節約方法の一例として電気ポットのコンセントを抜いておくというというのをよく目にするので、電気代がかかるものというイメージを持ちやすい商品です。これを高いと判断されるか、安いと判断されるかは人によるとは思いますが、ウォーターサーバーの役割ついてもう少し考えてみましょう。

 

ウォーターサーバーはお湯や冷水などを即時に出せるものです。こうして考えてみるとウォーターサーバーがあれば電気ポットは使う必要がなくなります。
今まで電気ポットを使っていた人はウォーターサーバーに変えても電気代がそこまで変化しない、もしくは生活環境によって若干高くなったり、安くなったりといった感じになりそうです。

 

使っていない場合はその分若干電気代が高くなってしまいますが、お湯を使わない生活をしている人は少ないと思います。そういった方がお湯を作るのにはガスを利用しているのでそうした手間やガス代を節約できます。また、冷水を飲むためには氷を作ったり、水を冷やしたりといったことをしていくと思いますが、氷を作ったり、水を冷やすのに使われる消費電力を抑えることができるので、その分節約できると前向きに考えることもできるのではないでしょうか。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー