ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの進化

いよいよ市民権を得た感のあるウォーターサーバーですが、利用する方が増えるにつれどんどん進化しています。ウォーターサーバーを利用する目的は、良いお水を飲むことにありますが、ウォーターサーバーってどこかお洒落な印象がありませんか。ウォーターサーバーもデザインに凝っていて、インテリアとしても楽しめるようになってきているのです。

 

企業側が一番努力している点が小型化です。これまでスペースがないとおきにくかったのですが、最近では卓上タイプのものも出ています。こうした変化に合わせて、カラーバリエーションもどんどん増えています。使う人の家庭環境に合わせて好きなものを選べる時代になったということが出来るでしょう。

 

ウォーターサーバーを使うとなると、新たに発生する電気代が気になりますよね。こうしたニーズに応えて、使用しない時間帯は温水温度を低下させる省エネタイプも登場しています。衛生面にもさらに配慮が行き届いていて、タンク内にUV除菌ランプを搭載して、常に水を綺麗な状態に保つサーバーや、抗菌パーツを使用したものなども登場しています。

 

ウォーターサーバーを実際に使用する上で、気になるのがボトル内の雑菌状況です。現在のウォーターサーバーの主流派、ガロン型といわれる、ボトルをサーバーにセットする方式ですが、ボトルが見えるので特に気になると思います。一部では、ガロン型はボトル内に雑菌が繁殖しやすいという声もあります。こうしたことはメーカー側も想定内で、最新の注意を払っているというのが実際です。メーカー側が指定する使用方法をしっかり守っている限り、安全に使用できると考えて間違いないでしょう。

 

それでも心配、という方にはBIB型(バックインボックス型)やクリーンエアシステムのサーバーを使用すればよいでしょう。BIB型は蛇口付のポリエチレン製バッグを外装した複合容器タイプになります。クリーンエアシステムは、水の供給と同時に容器がつぶれて空気が入らないようになっています。いずれも前述の問題をクリアしてくれるウォーターサーバーです。

 

このように、常にウォーターサーバーは進化をしているので安心して使用することが出来るでしょう。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー