ウォーターサーバー 比較

安全な水を飲みたい

 

東日本大震災で犠牲になられた方と被災者の方には心よりのご冥福とお見舞いを申し上げます。被災者だけではなく、3月11日の大地震を境にすべての日本人が、今もさまざまな影響を受けています。なかでも地震を機に発生した東電の原発事故の影響は大きいです。一時期、放射性物質が水から検出されたとかで、安全で美味しい日本の水の存在が脅かされました。また、断水により水道が使えなくなったことを経験したことで、ウォーターサーバーを購入する人が増えているそうです。

 

はたして、ウォーターサーバーの水は、本当に放射能などの心配はないのでしょうか。

 

放射能、放射能と騒いでいますが、放射性物質とは一体なんでしょう。原子炉の中には、放射性ヨウ素やウランという放射性物質があります。これらを浴びることで被爆しますが、店頭に並ぶ野菜や肉、水にはほとんど影響はありません。

 

被爆より恐いのが、放射性物質の付着、吸収、混入による影響です。食品や水に付着した放射性物質からは放射線を微量ですが放出します。微量とはいえ、人間や動物に付着すると、長期間被爆することになります。そのため、長い目でみると影響が出る可能性が高いです。

 

現在、各メーカーから出荷されている水製品から放射性物質は検出されていないそうです。地下水は放射性物質の影響を懸念されがちですが、例えば、富士山麓の地下273メートルにある地下水の場合、影響が現れるまで400年かかります。また、ミネラルウォーターは、高性能なROフィルターで濾過すれば、水以外の物質をほぼ除去できます。天然水にしろミネラルウォーターにしろ、使用直前までは密封されているので、ひとまず安心できます。

 

それでも、放射性物質が気になる人は、採水地を選んだり、専門機関によるデータを公開している業者から購入すると良いのではないでしょうか。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー