ウォーターサーバー 比較

ワンウェイシステムとリターナブルシステムの違いとは?

ウォーターサーバーでは、ワンウェイシステムとリターナブルシステムの2種類があります。これはボトルの回収方法の違いになります。

 

ワンウェイシステムは、ペットボトルと同様にボトルが使い切りで、飲み終わったら家庭用ごみとして捨てられます。

 

リターナブルシステムは、飲み終えたボトルを回収し洗浄して再利用をするシステムのことです。

 

衛生面など敏感な昨今に、改修されたボトルの洗浄は本当に十分なのかと不安があるのも事実です。が、リターナブルシステムは地球環境に配慮しエコというイメージが強く残ります。

 

いままで主流だったリターナブルシステムでは、水を飲む度に外気を取込む事によってボトル内の水がウォーターサーバー内に入る仕組みになっています。空気中の雑菌も一緒に水中に入るのではないかと衛生的に不安が残りますが、このワンウェイシステムは、水を飲む度に水の減りに合わせてボトル収縮し、ボトルの中に入る空気を極限まで減らしてくれます。従って、水に入る雑菌を極力減らしています。それがほぼ無菌状態になるため、メンテナンスは不要とされています。毎回新品のボトルで水が届くのでこういった面も安心できます。

 

一方、リターナブルシステムは、ボトルを再利用するという意味ですから、使い終わったらボトルを回収してもらう必要があります。従ってボトル代がかからない分、価格は安い傾向にあります。

 

ワンウェイシステムがいくらメンテナンス不要といっても、一切不要というのも不安はあります。年に1度くらいのメンテナンスがある業者であれば、リターナブルの方が安心できるという考え方もあります。ボトルを回収して、洗浄まで行い再利用するのですからどちらかと言えばエコともいえます。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー