ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの解約費用はいくらかかるのでしょうか?

 

ウォーターサーバー設置の契約時に、つい忘れがちなのが、解約時の条件です。設置費用と同じように、業者により異なりますが、長時間の利用を考えている場合でも解約時にかかる費用は、事前に確認しておく方が良いです。

 

解約の費用は、大きくわけて二つあり、『解約手数料』と『サーバー返却料』です。

 

 

解約手数料

解約手数料は、契約の状況にかかわらず、完全無料といった業者と、状況によっては有料になる業者もあります。以前は、解約手数料が一律かかるといった業者もありましたが、現在は上記のつのパターンが多いです。

 

契約状況についてですが、契約している期間により有料となるパターンがあり、短い期間で契約を解除してしまうと違約金として手数料を徴収されます。最低契約期間の設定は、6ヶ月〜1年間を目安としているところが多いですが、業者により異なります。

 

最低契約期間より長く契約をしている場合は、解約金は発生しませんので、長期間利用することをきめている場合はそんなに気にする必要もないかもしれませんが、費用に関しては、一通り目を通し、納得してから契約をする事をお勧めします。

 

サーバー返却料

そしてもう1つの『サーバー返却料』とは、レンタルしていたサーバーを業者に返す時に発生する返送料金のことです。こちらも業者により異なり、無料のところもあれば、有料のところもあります。

 

ウォーターサーバーは大きさがありますので、もし返送料金が自費となると送料も高くついてしまうこともありますので注意しましょう。サーバー返却料についても、契約期間によっては、解約手数料同様に無料となるケースもあります。

 

その他、解約費用

もしサーバーをローンで購入していた場合は、解約手数料とサーバー返却料の他に、残債分を解約時に一括で支払うよう要求される場合があります。高額なサーバーを購入した場合ですが、支払うことが分かっていた料金とは言え、一括で支払うのは大きな負担となることもあります。

 

ローンの残債については解約前にきちんとチェックしておくようにしましょう。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー