ウォーターサーバー 比較

ボトル開封後の賞味期限について

ウォーターボトルの賞味期限は未開封で製造後3ヶ月となっています。
開封すると2週間〜4週間くらいで使い切りたいものです。
ウォーターサーバーのボトルは、大体1本12リットルなので開封して2週間で使おうとすると大体1日約1リットル(850ミリリットル程度)使うことができます。
飲料水としても、1日500ミリリットルくらいは消費しますのでこのほかにコーヒーやお茶に使ったり、お米をたいたり使うと1日1リットルでは足りないかもしれません。
そう考えると開封後に賞味期限が切れるということはそんなにあることではありません。
成人男性の体内から失われる水分は約2.3リットルといわれています。
ですので、これを補給しようとすると1日2.3リットルの水が必要になるということです。
これをすべてウォーターサーバーの水で補給しようとすると、ウォーターボトルは一人で使っても1週間持ちません。
およそ5日でなくなってしまいます。
そうなると費用もかさんでしまいます。
なので、使用するすべての水をウォーターサーバーの水でまかなう必要はないでしょう。
1日2リットル以上の水を飲む人はそうはいないはずです。
飲料水とお料理分に使用する水くらいで計算し、毎月の使用量を算出して、水の価格が安い業者を選んでコストカットしましょう。

 

開封後の味について

開封後の賞味期限について、2週間〜4週間が理想的とされています。
しかし、水の成分やサーバの設置場所の環境にもよりますから、美味しく飲めるのは2週間程度でしょう。
開封するとどうしても空気に触れてしまいわずかながら不純物が混じってしまうこともありますので、開封初日と2週間以降では微妙に味に変化もおきてしまいます。
水は冷蔵庫に保存することで、品質の劣化を多少は遅らせることができますが、ウォーターボトルを冷蔵庫にしまっておくことは難しいことです。
ですから補充用のボトルはせめて日の当たらない涼しいところで保管しましょう。

 

ウォーターボトル未開封の状態での保存期間について

ウォーターサーバーの水の賞味期限は、サーバーの設置場所の環境やウォーターボトルの保存場所などによって変わりますが、未開封であれば約3ヶ月〜約6ヶ月です。
未開封だからといって永久に保存可能なわけでありません。
たとえば、滅菌しで真空保存している缶詰めにでも賞味期限があります。
どんな方法でも100パーセント除菌というのは無理なのです。
賞味期限とは、微生物等の不純物や汚染源物質が混入したり、繁殖したりする割合を「最小限」におさえる期限ということになります。
ペットボトルのミネラルウォーターなどは未開封だと1年くらい持ちます。
こればウォーターサーバーに使われる水よりミネラルが少ないためです。
ウォーターサーバーの水は身体に効果的なミネラル成分が豊富に含まれているため、ほかのミネラルウォータよりも賞味期限が短くなってしまいます。
ですから、未開封だからいつまでも大丈夫・・・というわけではないので、その製品の賞味期限を守るように心がけましょう。

 

災害時用に販売されている水が長持ちする理由について

災害時用として販売されている水などは賞味期限5年というものもあります。
どうしてこんなに賞味期限を延ばすことができるかというと、それは蒸留水だからです。
蒸留水とは、水から不純物を取り除くために、水を一旦沸騰させて気体の水蒸気にしてそれを冷却して液体の水に戻し作られた水のことです。
こうすることで塩類や残留塩素などの不純物質を除去した純水に近い水を作り出すことができます。
こうして、不純物が極限におさえられているために長持ちするのです。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー