ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーはそもそも家庭用に作られたものではなく、業務用として開発されたそうですが、最近は一般家庭でも広く普及してきました。

 

このため、ウォーターサーバー業者も増え、各業者ごとに独自のサービスを提供しています。

 

どのウォーターサーバーにしようか迷ってしまった場合に選ぶポイントを紹介致します。

 

衛生面

 

ウォーターサーバーにまず求めるものは『おいしくてきれいな水を飲める』ことだと思います。

 

きれいな水を飲む為には『水が空気に触れない構造』になっているウォーターサーバーを選びましょう。

 

部屋の中にはほこりやウイルス、雑菌など目に見えない様々なものが存在しています。

 

このため、水が空気に触れない構造になっていないと、これらの物質によってせっかくのきれいな水が汚れてしまいます。

 

このため水が空気に触れない構造になっていることが大切なんです。

 

特に、吸水時に空気が入り込まないような構造になっているかどうかが重要です。

 

安全性

 

ウォーターサーバーでは水の安全性はもちろんのことサーバー自体の安全性も重要です。

 

漏電しにくいことや、転倒しにくいことも大切です。
特に小さなお子さんがいるご家庭では何かの拍子にウォーターサーバーが倒れてしまってお子さんが怪我をしてしまわないよう、転倒しにくいウォーターサーバーを選びましょう。

 

さらにミネラルウォーターが入っているボトルの素材の安全性についても忘れてはいけません。

 

従来はウォータサーバーのボトルの多くはガロンボトルが使用されていました。

 

ガロンボトルは再利用できるのでゴミを出さず、エコで良いのですが、『ポリカーボネート樹脂』が使用されているおり環境ホルモンの問題が懸念されているんです。

 

ガロンボトル回収後の高温殺菌によってこのボトルの原材料が溶け出して環境ホルモン『ビスフェールA』が発生する可能性があることが判明したんです。

 

このビスフェールAは乳幼児の成長に悪影響を与えるとしてアメリカやカナダなどで使用を禁止されている物質で、日本でも厚生労働省によって妊婦さんや乳幼児の使用を控えるように呼びかけられています。

 

いくら水が安全なものであっても、その水を入れるボトルが安全でなければ意味がありません。

 

妊婦さんや乳幼児のいるご家庭では特にボトル素材にも気をつけてウォーターサーバーを選ぶ必要がありますね。

 

利便性

 

ウォーターサーバーのボトルの処分方法には、業者が回収してくれる場合と、家庭で処分する場合の2通りあります。

 

業者が回収してくれる場合には回収に来てくれるまでボトルを保管しておかなければいけないため、場所を取ります。

 

これに対し、家庭で処分する場合には使ったら捨てて良いため保管場所を取りませんが、処分する為につぶしたりゴミだしに行かなければなりません。

 

この他、注文方法に自由が利いたり、宅配日時が指定できるといったサービスの提供を行っている業者もありますので、良く調べて選びましょう。

 

ウォーターサービスの比較にはお試しサービスを利用すると便利ですよ。

 

経済性

 

最後に経済性についてですが、ウォーターサーバーの利用にあたって一番気になるという方も多いと思います。

 

ウォーターサーバーに掛かる費用形態は業者によって異なります。

 

サーバーを購入する業者と無料又は有料でサーバーレンタルを行う業者によって大分費用に差が出ます。

 

一見サーバーの無料レンタルを行っている業者が一番安いように思われますが、メンテナンス費用や水自体の価格を含めて考えると有料のレンタルサーバーの方が安くなる場合もあるので、トータルでよく料金を比較してみることが大切です。

 

このため、出来るだけ安くウォーターサーバーを利用したいという方は、サーバーに掛かる料金だけでなくメンテナンス費用や水自体の価格等も含めてトータルで料金を比較してウォーターサーバーを選ぶことが大切ですよ。

 

ウォーターサーバーを選ぶポイントには色々とありますが、何を重要視するのか考えて選ぶことが大切ですね。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー