ウォーターサーバー 比較

水の安全が重要視される昨今、ウォーターサーバーを利用する人が増えています。ウォーターサーバーには、サーバー設備をレンタルする場合と、買い取る場合とがあります。それでは、これからウォーターサーバーの導入を検討している方にとって、レンタルと買い取り、そのどちらが良いのでしょうか。

 

以下に、それぞれのメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

 

 

レンタルの場合

レンタル方式の中でも、貸し出しが「無料」のものと「有料」のものとがあります。
有料の場合、月額の使用料が1,000円から1,500円程度かかりますが、買い取る場合と比べれば、初期費用を抑えてウォーターサーバーを利用することができます。

 

つまり、短期間の利用には、レンタルのほうがお得になるといえます。
逆にいえば、長期間、利用し続けるなら、買い取ったほうがお得になることもあります。

 

ただ最近は、無料でレンタルできるメーカーが増えていますので、必ずしもレンタルが長期利用に向かないということではありません。

 

またレンタルであれば、ウォーターサーバーを利用しなくなった場合にも、メーカーに返せばいいので、後々に邪魔にならないということもメリットの一つだといえます。

 

転居したり、家族が減ったり、などという生活スタイルの変化にも柔軟に対応できるのが、レンタル方式の最大の良さであるといえるのではないでしょうか。

 

デメリットとしては、借りものですので、汚したり壊したりしないよう、扱いに気を遣うという面があるかもしれません。

 

 

買い取りの場合

まずレンタルの場合のデメリットとは反対に、支払いが終われば完全に自分のものになるというメリットがあります。

 

ただし、決して安いものではありませんので、支払いは分割にする人がほとんどだと思います。
その場合、支払い途中で解約してしまうと、残りの額を一気に支払うよう求められることもあります。

 

またサーバーの仕様は各メーカーごとに異なりますので、水だけ他のメーカーから購入するということはできません。

 

万が一の話ではありますが、買い取ったサーバーのメーカーが倒産などした場合、サーバー設備そのものが無駄になってしまうという可能性もあり得ます。
それは大きなデメリットであるといえます。

 

そうした観点でいうなら、買い取りには長期利用のメリット以上に大きなリスクがあるといえるかもしれません。

 

 

以上のようなことから、ウォーターサーバーを利用するなら、多くの方にはレンタル方式がお勧めであるといえます。現在のウォーターサーバーの利用状況を見ても、レンタルを選ばれている方がほとんどです。

 

そうしたニーズを受けたものか、現在、多くのメーカーではレンタル方式が主流となっています。レンタルしか提供していないメーカーも多く、むしろ買い取り方式を採用しているメーカーのほうが、かなり少数派になっているといえるでしょう。

 

それでも個人の事情によっては、どうしても買い取りで利用したいということもあるかもしれません。その場合には、より慎重になって、信頼できるメーカーを選ぶようにしてください。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー