ウォーターサーバー 比較

重水と軽水について

 

重水と軽水という言葉をご存知でしょうか?普段の生活では、なかなか耳にしない言葉だと思いますし、重水と軽水がどうゆうものなのかも、知らない人が多いと思います。そんな重水と軽水について、詳しく説明をしたいと思います。

 

重水の特徴

重水には、きちんとした化学式があり、D2Oと表記されます。水の化学式は、学校の科学の授業で習ったと思うので、ご存知かもしれませんが、H2Oと表記されます。水は、2つの水素原子に酸素原子がくっついていることから、2つの水素H2と酸素Oで、H2Oという化学式になりました。

 

重水は、D2Oと表記されますが、どういった意味があるのでしょうか。Dという元素記号は、重水素(ジュウテリウム)というもので、普通の水よりも比重の大きい水のことを指します。

 

重水素は、原子炉や放射線治療で使用をされていることが多く、体重の10パーセント以上の重水を体内に取り込んでしまうと、身体に異常をきたし、命の危険もあるとされています。

 

重水は自然にある原子でもあり、飲料水に含まれていても、味や見た目も変わりがないのが、怖い特徴でもあります。

 

軽水の特徴

続いて、軽水とはどんな水なのかをご説明します。大まかに言いますと、軽水は一般的に飲料水として広まっている水のことです。別名を通常水とも言うことから、私たちが普段飲んでいる水ということが分かると思います。

 

重水と比較をすることから、軽水という呼び方をしていますが、一般的に生活に使用している水のことです。

 

ただ、天然水と言われているものでも、100パーセント純粋の軽水というものはなく、純度99.8パーセントくらいのものが多いので、残りの数パーセントは重水が含まれている可能性があるのです。

 

現在、一般的に販売されている水には、重水を出来る限り取り除いて、純度を100パーセントに近づけた水も販売されています。
軽水の純度の高いものは、がんなどを抑制すると言われているので、健康を考えて飲まれている方も増えてきています。

 

純度の高い軽水のことを、超軽水と言います。

 

 

水を購入する際は、購入する水の中にどれだけの重水が含まれているかを確認してみましょう。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー