ウォーターサーバー 比較

軟水と硬水

軟水と硬水について説明したいと思います。硬水と軟水という言葉は良く耳にしますから、水にはこのような種類があるということは何となく把握していると思います。しかしながら、具体的にどういう水なのかという知らない方が多いのではないでしょうか。

 

日常生活で飲料水として飲んでいる水は、硬水よりも軟水の方が実際には多いです。硬水と軟水の違いは、これらの水に含まれるミネラルの濃度の違いによります。具体的なミネラルはカルシウムとマグネシウムイオンでこれらの合計量によって決まります。

 

硬度を示す数値がきめられていて、これが100以下の水が軟水で、301以上の水が硬水になります。この基準は国ごとに異なっていますが、日本の場合は主にアメリカで使用されている基準と同じものが使われているようです。?硬水にはカルシウムとマグネシウムの両方が多く含まれていているので、美容や健康にとっては良いのですが、ただあまり美味しく無いという欠点があります。これに対して、軟水は口あたりがよいので飲料水としては好まれます。

 

日本料理の煮物などでは、硬水は向いていません。従って、日本人ではあまり使用されてきませんでした。ところが、肉料理が中心である西欧料理では、ミネラルを多く含む硬水が良く合います。そして、硬水には便秘を解消する作用があるようです。

 

飲料水として、日本人がおいしいと感じるのは硬水より軟水です。日本人は硬水に対して抵抗があるようです。これは、日本の地下の土壌の構造に依存しています。

 

日本人の場合、地形や土壌の性質が影響してマグネシウムやカルシウムが地下の岩石などから長い時間をかけて溶け出した硬水を飲んできませんでした。そして地形の関係で比較的地下における滞留時間が短いことにより、マグネシウム、カルシウムの含量が低い軟水を飲んできました。

 

従って、このような長い間における日本人の軟水に対する慣れもあり、まろやかで飲みやすい軟水のほうが好まれています。従って、このような理由から各国の地下水や料理などの文化の違いによって硬水と軟水の好まれ方は違っています。

 

例えば、ヨーロッパでは、有名な山岳地帯が多く、水はゆっくりと地下を流れてたいへん長い時間をかけてマグネシウムやカルシウムが溶け出した硬水が天然に得られます。この硬水に合った肉料理などが好んで食べられています。このように、ヨーロッパでは硬水の方が慣れ親しんでいる水と言うことになります。

 

日本人の場合は、逆にもの硬水を飲むと慣れていないため、にがみやえぐみを感じると思います。我々日本人にとっては、味が重たくて飲みずらいと感じるはずです。このように長い間、飲み慣れている水を私たちは、好むわけです。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー