ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーっていくら位で設置出来るの?

ウォーターサーバーを利用しようとすると、初期費用や毎月の使用料金など実際にはどれ位の費用がかかるものなのでしょうか?

 

ウォーターサーバーを継続的に利用しようと思うとサーバーのレンタル費用だけでなく、水の使用料や宅配してもらう料金など、様々な料金を負担しなければなりません。

 

その事を分かっていないと、例えばウォーターサーバーの設置費用が安いからこの会社と契約しよう。と思い契約した後に水の使用料が物凄く高かった、などと言う様なトラブルになる事も多々ありますので注意が必要です。

 

料金面だけどウォーターサーバーの良し悪しを選ぶ事は出来ませんが、サービスや水の品質が殆ど同じならば誰だってなるべく低価格で導入出来る会社を選びたいものだと思います。

 

ウォーターサーバーを設置しようと思ったら、まずは設置までに必要な費用や月々の水の使用料などどれ位の費用がかかるものなのかを項目別に書き出して、それぞれのレンタル業者を比較検討してみて決める事をお勧めします。

 

ここでは、ウォーターサーバーの設置にはどれ位費用がかかるのかをご紹介いたします。

 

ウォーターサーバーの費用はどれくらい?

まずは本体であるウォーターサーバーの代金についてですが、業者ごとにかなり条件が違います。何故ならばサーバーは購入する事も出来ますし、レンタルする事も出来ますので、どちらにするかによって金額がかなり変わってくるからです。

 

しかし最近ではレンタル制が主流になってきていて、サーバーを販売している業者はかなり少なくなってきています。昔は高額なサーバーレンタル料金を払ってウォーターサーバーを導入すると言うのが一般的でしたが、最近「サーバーレンタル費無料」のサービスを売りにしているウォーターサーバー業者が増えたので、わざわざ高額なレンタル料金を払ってまでレンタルしようと言う人が減ったからです。

 

しかしここで注意しなければならないのは、無料レンタルの業者が一番良いのか、と言う事です。レンタル料金がかからないので一見良い業者だと思いがちですが、レンタル料が有料な業者やサーバーを販売している業者の場合、メンテナンスサービスを実施していたりその他の付加サービスが充実している場合が多々有るのです。

 

因みに、もしレンタルするならば月々のレンタル料金は、無料〜1,000円位です。購入する場合3万円位と以外にリーズナブルな物から10万円以上する高額な物までとピンからキリまで有ります。

 

水の使用料は?

ウォーターサーバーはミネラルウォーターならばどれを使っても良いと言う物でも有りません。ウォーターサーバーごとに専用のミネラルウォーターが決まっているからです。ウォーターサーバー業者はサーバーの提供だけでなく専用のミネラルウォーターの販売もしています。

 

業者ごとにミネラルウォーターの料金が異なっているだけでなく、3〜4種類の水を提供している業者などもあり、それぞれ料金が異なるケースなどもあります。多くの場合、12L入りのボトル入りで販売されています。価格相場は1,500円〜2,000円程度が主流となっていますが、1,000円以下のリーズナブルな料金設定をしている業者も有ります。

 

水の代金は無料でサーバーを提供している業者より、有料サーバー業者の方が低めに設定されている場合が多いようです。

 

宅配料金はどれくらいか?

ここで言う宅配料金には、水だけでなく設置時のサーバー宅配料金も含まれます。特に水の宅配料金は月々かかってくるものですので、出来れば無料の業者を選びたいものです。

 

実際のところどうなのかと言うと、サーバー設置時の宅配料金や月々の水の宅配料金は原則的に無料と言う業者が殆どです。但し、無料サービスを実地している地域を限定している業者なども多く、特に離島などは有料と言う場合も多いので確認が必要です。

 

また、使用後のボトルを回収して再利用している業者もあり、この場合のボトル回収費用なども考慮する必要が有ります。殆どの場合、ボトル回収費用も無料と言う業者が多いですが、こちらもやはり離島などの一部地域は別料金を支払わなければならない場合が多く、自分が住んでいる地域は無料サービスの対象地域なのかどうかを事前に調べておく必要があります。

 

メンテナンス料金はどれくらいか?

意外と知られていないのですが、ウォーターサーバーは機械ですので定期的にメンテナンスをする必要が有ります。ウォーターサーバーの衛生面や安全性を保つためにも、通常は1〜2年に1度は最低でもメンテナンスを行うように義務付けられているのです。

 

メンテナンス費用も、業者によってかなり違います。サーバーを有料で貸し出ししている業者の場合は、月々のレンタル料金にメンテナンス費用が組み込まれている場合が多いので、メンテナンス費用を別途支払う必要が無いケースが多いです。

 

一方、レンタル料金無料の業者の場合は、年間5,000円程度のメンテナンス費用を別途支払わなければならないケースが主流です。しかし中にはレンタル料もメンテナンス料も無料と言う業者も存在しますので、維持費をなるべく安く抑えたいと言う方は、ネットなどで色々レンタル業者を調べてみてはどうでしょうか。

 

しかしメンテナンスを受ける事は、安全にウォーターサーバーを使い続ける上で重要になってきますので、維持費だけで業者を選ぶのでは無く、メンテナンスの質自体をしっかりと比較検討する事が必要です。

 

その他にかかる料金は?

上記で述べた料金は、各業者がそれぞれ独自で設定している基本料金になります。基本的には以上ですが、業者によってはこれ以外に別途料金が発生する場合も有ります。

 

例えば、水を追加注文する都度追加料金を徴収したり、逆に使用料が一定以下の場合別途に費用が発生するケースなどもあるのです。

 

「水の宅配料は無料!」と言う条件の業者でも、欄外に小さな文字で但し書きとして記載されているパターンも存在しますので、公式サイトやパンフレットを細かくチャックして、不明な点やややこしい点がある場合は業者に事前に質問する事をお勧めします。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー