ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーは、病院や会社などでよく見かけますが、業務用として長く使われていました。
その主な使い方は飲料用です。

 

しかし、最近は健康ブームから水の重要性にも注目され、家庭用のウォーターサーバーも充実してきました。

 

飲料用としてだけでなく、様々な利用法があります。どんな利用法があるのでしょうか。一部ですが紹介したいと思います。

 

飲料用として

基本的な使い方として、飲料用としての利用法があります。普段、家庭でどんな飲み物を飲むのかと聞かれると、お茶やジュース、コーヒーといった答え出るかと思います。水と答える人は少ないと思います。ただ、人間の体は水分が60パーセント以上なので、水を摂取するのが一番体には合っています。

 

しかし、水道水はなかなか飲めません。それはカルキ臭があるし、トリハロメタンに代表される発がん性物質が含まれている可能性があるからです。
その点、ウォーターサーバーはこれらの不安がないため、安心して飲めます。安全な水というとミネラルウォーターを買って飲むという方法もありますが、毎日飲むとなると、費用が大きくなります。

 

ウォーターサーバーだと費用が安くなるため、経済的にも安心です。もちろん、お茶やコーヒーに使ってもおいしくなります。

 

炊飯用の水として

ご飯用のお米は気にしても、水はなかなか気にしないものです。炊きあがるときにお米は水分を吸収するため、水も重要となります。ウォーターサーバーの水は安心で安全な上、ミネラルも含まれているため、おいしいご飯にしあがります。

 

料理用として

料理では様々な場面で水を使います。食材を洗ったり、後片付けや煮込む時に使います。全てにはウォーターサーバーの水は使えませんが材料としての水では使うとおいしい料理になります。特に煮物や汁物ではおいしい水が味に直結します。ウォーターサーバーの水は癖が少ないため、薄い味にするときにおいしく仕上がります。

 

ミルク作り

赤ちゃんの体に直接入るミルクでは水が重要となります。その理由として、大人と違って抵抗力が弱いのと、ミルクの成分はほとんどが水ということが挙げられます。安全な水が大切ということもあり、赤ちゃんの居る家庭ではウォーターサーバーを設置する所が増えています。天然水を濾過した水であるため、赤ちゃんに飲ませても安心です。
他の利点として、ミルクの適温であるぬるま湯にしやすいことがあります。ミルクの適温は60℃ですが、普通は熱湯を冷ませたり、ポットの温度を60℃に設定することが必要です。一方、ウォーターサーバーの場合、温水と冷水を同時に使えるため、両方の量を調節すれば時間をかけずに60℃の適温を作れます。赤ちゃんを待たせることがなく、すぐにミルクをあげることができます。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー