ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの利用例

ウォーターサーバーというと業務用のイメージが強いかもしれませんが、最近では一般の家庭などでも健康のために取り入れられる家庭が増えています。特に乳幼児であったりとか体の弱い方が同居されている家庭では普及率が高いです。ウォーターサーバーは健康面だけでなくその他にも、様々なメリットがあるので、とても実用性と利便性に優れた製品です。

 

シーン別活用法

ではウォーターサーバーがどういった場面で活用されるか紹介致します。

 

料理に使用

ウォーターサーバーを料理に使うのは少しもったいなく、抵抗感のある方もいらっしゃると考えます。実際に食材を洗ったり茹でたりするのに、わざわざウォーターサーバーの水を使うのは家計にとっては厳しいものもあるかもしれません。

 

しかしその分逆に料理の味は上がる可能性があります。お米を炊くのにも味噌汁やスープなどを作るのにも、基本的には水を使いますが、そういった場合は水の質によって味が変わります。より上質な水を使えばそれだけ料理の味も高めれるのです。

 

またウォーターサーバーは温水と冷水の両方が使えますが、普通にお湯を沸かす場合と比べると、むしろウォーターサーバーの温水を使った方がコスパが良くなる場合もあります。

 

ミルクに活用

赤ちゃんのためのミルクというのは、適温が大体60度くらいです。通常この温度でミルクを作る場合には温度設定のある電気ポットだと60度設定にしたり、そういった中間の温度設定がない場合だとある程度冷めるまで待ってから飲ませてあげます。

 

しかしどちらも少し面倒です。温度設定があったとしても電気ポットが1つだけの場合は、他の時の事も考えるとその時によって温度を変えなければなりません。しかしウォーターサーバーは温水と冷水を混ぜて、すぐに赤ちゃんのための適温にする事ができます。

 

オフィスで活用

最初にも少し書きましたが、ウォーターサーバーは元々は業務用で使われる場合が多かったです。

 

その理由はオフィスの場合だとお湯を沸かすシーンが多いですが、その都度毎回お湯を沸かすのとウォーターサーバーを利用するのでは、ウォーターサーバーの方が経済的である場合があるからです。また急な来客にも素早く対応できるというメリットもあります。

 

ちなみに少し余談ではありますが、ウォーターサーバーが設置されていると、企業としてのイメージアップも期待できます。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー