ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーについて、分かりやすくまとめてみました。

ウォーターサーバーの良いところ

ウォーターサーバーには良い点がたくさんあります。
このタイプを分類すると、安全性・利便性・経済性の3つになります。

 

安全性

水道水に比べて、ウォーターサーバーの水はかなり安全だといえます。

 

水道水には、人の害になってしまう物質も含まれています。

 

けれどウォーターサーバーで使用するミネラルウォーターは有害物質や雑菌、ウイルスなどが混入しないように、しっかりとした品質管理を行いながら、作られています。

 

またそうした製造過程だけではなく、開封し、サーバーに設置したあとも、雑菌を孕んでいる危険のある空気がボトル内に入りづらいように工夫されているのです。
そのため水が汚れづらく、ウォーターサーバーの水は、水道水の何倍も安心して飲めます。

 

水は人間の体を維持するためになくてはならないものですから、この水が安全性の高いものであるのは、重要だと思います。

 

利便性

ウォーターサーバーを使用するうえで便利なのは、主に2つ。

 

1つ目は電源さえ入れておけば24時間365日、冷水と温水がいつでも出せるところです。

 

暑いときによく冷えた水を、飲みたいときや、インスタントラーメンを作ったり、コーヒーなどを淹れるときも、お湯を沸かす必要がないため、手間と時間を省くことができます。

 

2つ目は自分でミネラルウォーターを買いに行かなくても済むところです。

 

ウォーターサーバーに設置する必要がある、ミネラルウォーターのボトルは業者が決まった期間ごとに、もしくは注文に応じ、自宅まで持ってきてくれます。

 

 

経済性

ウォーターサーバーに魅力を感じながらも、経済的な負担が不安で、設置を躊躇っている人もいるようです。

 

けれど最近は、本体のレンタル料は無料だというところが多くあります。

 

また水代に関しても、普通のコンビニなどに売っているミネラルウォーターでも500mlあたり100円程度かかります。

 

対するウォーターサーバーの水は1500円〜2000円くらいで12Lのところが殆どです。これを500mlに換算すると60〜80円程度になります。なので、特に高いというわけではありません。

 

またウォーターサーバーの電気代が心配だという人もいるかも知れません。

 

電気代は平均目安は月々1,000円くらいかかるのですが、これは、電気ポットを一台分と同等かもしくはそれ以下となります。

 

なのでミネラルウォーターを店舗で購入し、更に電気ポットを利用しているという家庭であれば、ウォーターサーバーを設置することで、節約になるケースもあるのです。

 

 

ウォーターサーバーのデメリット

上記のように利点が多いウォーターサーバーですが、デメリットもないわけではありません。

 

ウォーターサーバーを設置するのでしたら、当然ですが、設置スペースが必要になるので、その点は考慮する必要があります。

 

とはいえ、近頃は床置き型以外にも、コンパクトな卓上型も取り扱っているところが多いので、そうしたところを選べば、ほとんどの家庭では問題にならないと思います。

 

もし電気ポットや市販のミネラルウォーターを利用しているケースであれば、ウォーターサーバーを設置すると、それらが不要になります。

 

ですので、よく比べてみると特にデメリットというほどはないかも知れません。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー