ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの安全性

最近、ウォーターサーバーの主流となりつつあるワンウェイ方式ですが、単に便利という以外にも導入された理由があります。従来多く用いられていたのが、使用後のボトルを回収して高温洗浄により殺菌をして再利用するという方式です。

 

こうしたボトルに多く用いられていた素材がポリカーボネイト樹脂といわれるものです。このポリカーボネイト樹脂ですが、環境ホルモン「ビスフェノールA」(生殖機能内分泌錯乱物質)の発生が懸念されていて、国によっては使用を中止しているところもあります。

 

こうした危険性をうけ、2008年日本でも厚生労働省が妊婦や乳幼児に対してポリカーボネイト樹脂を原料としたプラスチック製哺乳瓶などの使用を控えるように呼びかけました。その結果、ウォーターサーバー業者の間でも、容器をペットボトルなどの安全な素材にして、リサイクルゴミとして扱えるようにしていったわけです。

 

このような流れがあり、ワンウェイ方式に移行していったわけです。

 

ワンウェイ方式を採用する業者の中には、回収をして再使用をするリターナルボトル方式は細菌が増殖して不衛生。と指摘するところもあります。実際のところはどうなのでしょうか。

 

こうした業者の指摘はある意味では正しいのかもしれませんが、リターナルボトル方式のウォーターサーバーだからといってお腹が痛くなったりしませんよね。そもそも、最近は私達の身の回りにあふれています。

 

見えないので気になりませんが、空気中にすら漂っています。そのほとんどは無害のものです。利用する側がどこまで気にするか。というところが大切です。もし、細菌が気になる。ということであればワンウェイ方式、さらに清潔といわれているクリーン洗浄熱循環殺菌機能を備えたサーバーなどを利用すればよいでしょう。

ウォーターサーバー

アクアクララ

うるのん

うるのん


>>ランキングベスト10はこちら



赤ちゃん・お子様のいる家に一番人気の『ベビアクア』ウォーターサーバー